数物フロンティア・リーディング大学院

English

ホーム > コース修了の要件

コース修了の要件

必修となるコースワーク

プログラムの大学院生にはコースを修了するまでに

  • 「数物先端科学 I ~ X」および「数物連携先端科学 I ~ XX」の中から6単位
  • 「社会数理先端科学 I ~ VII」の中から2単位

の履修が義務付けられます。「数物先端科学」および「数物連携先端科学」 は、数理科学研究科、理学系研究科、カブリ数物連携宇宙研究機構の教員が担当し、オムニバス講義、集中講義などの形式でも開講されます。 プログラムの大学院生は自専攻以外の科目を選択する事ができます。 内訳は次の通りです。

  • 「数物先端科学 I ~ X」(それぞれ2単位) 数理科学研究科開講科目
  • 「数物連携先端科学 I ~ XV」(それぞれ2単位) 理学系研究科開講科目
  • 「数物連携先端科学 XVI ~ XX」(それぞれ1単位) 理学系研究科開講科目
  • 「社会数理先端科学 I ~ IV」(それぞれ2単位) 数理科学研究科開講科目
  • 「社会数理先端科学 V」(2単位) 理学系研究科開講科目
  • 「社会数理先端科学 VI ~ VII」(それぞれ1単位) 理学系研究科開講科目

「数物連携先端科学 I ~ XV」は以下の科目の中から認定します。「数物連携先端科 学 XVI ~ XX」は集中講義の中から認定します。ただし、 内部進学生の場合は、学部との共通科目は学部で履修していない科目に限ります。(教務にある認定申請書によって申請して下さい。)

物理学専攻科目

<2016年度修了要件に認定される科目>

  • 流体物理学 35603‐0003
  • 素粒子論 35603-0094
  • 物性物理学Ⅲ 35603-0028
  • 計算物理学 35603-0075
  • 宇宙論I 35603-0106*
  • 宇宙論Ⅱ 35603-0107*
  • プラズマ物理学 35603-0091
  • 場の量子論I 35603-0103
  • 場の量子論II 35603-0104

*宇宙論 I, II は隔年開講です。2016年度は宇宙論Ⅱのみの開講となります。

<2016度開講の集中講義で修了要件に認定されるもの>

【Sセメスター】

  • 物理学特別講義 A XIII 35603-1181
  • 物理学特別講義 B X 35603-1214
  • 物理学特別講義 B XI 35603-1224
  • 物理学特別講義 B XV 35603-1351
  • 最先端光科学講義IV 35603-1604
  • 最先端光科学講義V 35603-1605
  • 最先端光科学講義XV 35603-1606

【Aセメスター】

  • 物理学特別講義 A XIV 35603-1203
  • 物理学特別講義 B XVI 35603-1361
  • 物理学特別講義 B XVII 35603-1371
  • 物理学特別講義 B XVIII 35603-1381

地球惑星科学専攻科目

<平成27年度以降採用コース生>

  • 弾性体力学 35616-0005
  • 地球力学 35616-0006
  • 地球流体力学I 35616-0007
  • 大気物理学I 35616-1001
  • 海洋物理学I 35616-1003
  • 気候力学I 35616-1005
  • 宇宙プラズマ物理学I 35616-1008
  • 磁気圏物理学I 35616-1009
  • 地震物理学 35616-1033
  • 地球惑星システム学 35616-1013
  • 並列計算プログラミング 35616-2057

<平成26年度以前採用コース生>

  • 弾性体力学 35616-0005
  • 地球力学 35616-0006
  • 地球流体力学I 35616-0007
  • 地球流体力学II 35616-0008
  • 大気物理学Ⅰ 35616-1001
  • 大気物理学II 35616-1002 *
  • 大気物理学III 35616-2001 *
  • 大気物理学Ⅳ 35616-2002 *
  • 海洋物理学Ⅰ 35616-1003 *
  • 海洋物理学II 35616-1004 *
  • 海洋物理学III 35616-2003 *
  • 気候力学Ⅰ 35616-1005 *
  • 気候力学II 35616-1006 *
  • 並列計算プログラミング 35616-2057

(注)なお、*の科目は隔年開講のため、開講されない年度があります。

「社会数理先端科学 V」は、先端科学技術特論I, またはII (化学専攻開講)のどちらかを取れば認定します。 両科目は隔年で交互に開講されます。2014年度は「先端科学技術特論I」 のみ開講。(教務にある認定申請書によって申請して下さい。)

(注1) 大学院入進学後、コース生となる前に「コースワークの該当する科目」を履修していた場合は、申請の上、認定を受ければ、コースワークの単位を履修したものと認められます。「コースワークの該当する科目」とは、「数物先端科学」、「数物連携先端科学」、「社会数理先端科学」および以下の(注2)で専攻ごとに定められた科目をさします。

(注2)
数理科学研究科
平成24年度冬学期に開講された700番台講義、数理科学特別講義は、「数物先端科学」として認定します。500番台講義は、専門基礎として重要な科目であり、博士前期課程において、分野にかかわらず履修することを推奨します。また,平成24年度冬学期に開講された「社会数理特別講義II」は「社会数理先端科学」として認定します。また、数物フロンティア・リーディング大学院の他専攻で「数物先端科学」、「社会数理先端科学」として認定される科目は、数理科学専攻でも同様に認定します。

理学系研究科
<物理学専攻>
平成24年度冬学期に開講された物理学専攻の講義(授業番号が35603で始まる講義)は、「数物先端科学」として認定します。平成24年度冬学期に開講された理学系研究科で開講される科目で「社会数理先端科学」として認定されるものはありません。また、数物フロンティア・リーディング大学院の他専攻で「数物先端科学」、「社会数理先端科学」として認定される科目は、物理学専攻でも同様に認定します。
<地球惑星科学専攻>
平成24年度冬学期に開講された地球惑星科学専攻の専門科目および先端科目(授業番号の枝番号が1000番台および2000番台の数字の講義)は、「数物先端科学」として認定します。平成24年度冬学期に開講される理学系研究科で開講される科目で「社会数理先端科学」として認定されるものはありません。また、数物フロンティア・リーディング大学院の他専攻で「数物先端科学」、「社会数理先端科学」として認定される科目は、地球惑星科学専攻でも同様に認定します。

博士後期課程における必修項目

博士後期課程に以下の2つの項目の内、いずれかに参加することをコース修了の要件とします。

  • 海外の研究機関等への一ヶ月以上の派遣
  • 企業等におけるインターンシップ

いずれに参加する場合にも、事前に申請が必要です。審査を経て認められた場合にのみ参加が可能となります。 なお、インターンシップには、自専攻以外の研究室における研究等も含まれます。

FMSPが主催あるいは共催する学術的会合への参加

FMSPが主催あるいは共催する各種セミナーや研究会などの学術的会合への参加を奨励します。カブリ数物連携宇宙研究機構におけるワークショップなど、若手人材育成の立場から、コース生に出席を義務付ける学術的会合も開催されます。