数物フロンティア・リーディング大学院

English

ホーム > コースの特色

コースの特色

複数教員指導体制

本コースでは、指導教員以外に、副指導教員が各コース生にアサインされます。副指導教員となることができるのは、 FMSP担当教員です。

コース生への経済的支援

博士前期課程は月額15万円(ただし、博士前期課程1年次は月額12万円とし、3月に審査を行い2年次より15万円とするか決定する)、博士後期課程において 月額20万円の奨励金が支給されます。コース生への奨励金は博士号取得時まで給付されますが、 博士後期課程の期間における、給付期間の上限は3年間です。奨励金の月額は、「数物フロンティア・リーディング大学院」の予算の状況等により変更することがあります。 奨励金受給者一覧

Qualifying Exam

博士前期課程2年次の1月に修士論文に対応する研究論文を提出します。 博士後期課程に進むためのQualifying Examとして、提出された研究論文および 研究計画の審査を行います。

diagram.jpg